応募前に問合せをしよう

応募前に、求人情報をしっかり熟読することは必須です。
ですがなかには不明な点や、もう少し詳しく確認したいことなどが出てきます。
そのようなときには、応募前に電話で問合せをしましょう。

せっかく応募して、面接のアポイントもとり面接に行ったけれど、
仕事内容が求人情報から得たイメージと違っていた、
勤務先が不可能な場所だった、2交代ではなく3交代だった・・・
など、条件が合わず、面接・履歴書がムダになってしまう事もあります。

また、応募条件に満たない部分がある場合、
選考の対象にしてもらえるかどうかも事前に問合せをすることによってチャンスを広げることが出来るでしょう。

マナーを守って事前問合せをすることに注意が必要ですが、
電話で聞いてもよいことに関しては応募の前に、事前問合せをしてみましょう。

応募前の事前問合せの仕方

電話をかける前に用意するもの
求人広告
応募先の電話番号や基本情報が分る求人広告を見ながらかけます。
履歴書の下書き
履歴書や職務経歴書の下書き、応募先ごとの活動の要点を書いたメモ・ノートなど。
カレンダーやスケジュール表
「面接は15日でお願いします」といわれた時に
「15日は何曜日でしたっけ?」などと言う応答をしないように、カレンダーやスケジュール表を用意します。
他の病院の面接日や都合が悪い日はあらかじめマークしておき、面接のアポイントを取り直すということがないようにしておいてください。
筆記用具
電話で聞いたこと、電話での話しの内容などをメモしておきます。
後日の面談でも、先方から訪ねられたことは選考の重要事項である可能性が高いです。
電話をかける時の場所
携帯電話からかける場合は特に、静かな場所からかけるようにします。
音質を考慮し、なるべく自宅の固定電話からかけるようにしましょう。
問合せの流れ
電話をかける
電話をかける時間帯に注意し、必ず自分から名前を名乗ります。
求人情報の中に担当者名がある場合はその人へ。
不在の場合は、改めてかけなおす旨を伝え、何時ごろにかけなおせば良いのかを確認します。
応募の意思を示す
求人広告にある経歴・資格などの応募条件はクリアしていること、
参考の対象として面接をお願いしたいことなどを伝えます。
聞きたいことがある場合の切り出し方
「応募したいのですが、確認したいことが2点ほどあります。
今このお電話でお聞きしてもよろしいでしょうか。」と言うように問合せをする。
面接日時の打ち合わせ
先方が伝えてきた面接日では都合が悪い場合は、
「恐縮ですが、その日は前職場で用事があるので、明日の午後もしくは明後日にしていただけないでしょうか?」
など、ただ都合が悪いというのではなく、都合の良い日時を提案します。
確認
面接の日にち、場所を確認します。
日時と時間は必ず復唱します。
場所が分りにくい場合は、最寄駅、目印となるものなどを教えてもらいます。
挨拶
対応してくれた担当者の名前を確認し、面接日時の調整のお礼も述べます。
最後に「失礼します」と言って静かに受話器を置いてください。

応募前の問合せNG例

  • 休みはどのくらいあるのか。
  • 福利厚生はしっかりしているのか。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語