看護師のための転職のタイミング

看護師の求人は引く手あまたなので、退職をしたとしてもすぐに再就職先が見つかるかもしれません。
ですが、繰り返す転職はあまり良い印象を与えませんし、様々な手続きなども面倒です。
退職・転職のタイミングによっては色々な部分で不利になる事も多々あるので、
その転職のタイミングが本当にベストなのかどうかをもう一度考えてみましょう。

退職をして転職をするには、大変な手続きも多くありますし、様々なリスクがあります。
どうしても辞めなければならない状況で退職するのであれば、退職のタイミングに迷うことはないのですが、
自己都合による退職だと、「本当にこのタイミングで辞めてよいのだろうか?」などと迷ったりします。
そして、迷いのあるまま対象してしまうと、転職もうまくいきません。

看護師の仕事は激務ですし、人間関係も大変ですが、
一時的な感情で「もうだめ。退職します!」となってしまうのはよくありません。
人間関係が難しいのも、看護師という仕事が激務なのも、どこの病院に行っても同じです。

退職してからどうしたいのか?
どのように転職したいのか?
など、冷静に今後について考えてみることが大切です。

中途採用の場合は、新卒の採用とは異なります。
看護師の求人は、たくさんありますが、自分が求める条件と一致している病院が常に求人を出しているとは限りません。
そして、採用は若干名、ある程度の応募者が集まれば募集は締め切りになったりします。

ですから、再就職活動をするときには、早めに履歴書や職務履歴書などの必要書類を複数用意し、
求人の募集がでたらすぐに行動することが必要です。

海外では、職歴が豊富な人のほうが「出来る人」と言うイメージのある職種や風潮がありますが、
日本では、あまりにも職歴が多く、しょっちゅう転職をしているような人は採用されません。
転職をする際には、長く勤められる職場、1年後、3年後、5年後・・・
「あの時転職して良かった」と思えるようなタイミングで退職し、転職をしたいものです。

転職をするときには、本当にこのタイミングで退職しても大丈夫かどうか、
転職をすることが自分にとって本当に良いことなのかどうかを確認してから決断しましょう。

転職決断のための確認事項

転職の理由と目的
今現在の職場に不満があって辞めたいと思っているのであれば、転職先でも同じ問題が起きる可能性がありますから、どの部分に不満があるのかをしっかり突き止めることが大切です。
転職後どうしたいか?
転職後、どのような職場で、どのような条件で働きたいのか、どのように仕事をこなしたいのかをイメージします。
辞めずに済む方法はないか
病院側や上司と話し合うことで問題が解決できる場合もあります。
問題さえ解決できれば辞めなくて済むかもしれません。
転職に有利な「売り」を身につける
看護師の求人は引く手あまたですが、転職をきっかけにスキルアップしたいものです。
経験や実績は強みになります。
ただ今の職場がイヤだから辞める!のではなく、スキル磨きに心がけたいですね。
転職する時に、不安な要素はなるべく持って行きたくないものです。
今の病院での勤務期間が短すぎる場合は、転職のタイミングが早すぎるかもしれませんし、頻繁な転職は採用に響きます。
また、足りないスキルがあるのであればしっかり磨いて、新たな職場では自分のスキルをきちんと発揮できるように準備したいです。
第三者の意見を聞く
客観的に評価してもらうことによって、自分が気付かないことに気付く事もあります。
転職・退職に関しての検討事項や、準備不足な部分の発見が出来ます。
経済面の備え
転職するつもりで退職をしても、自分の条件と合う病院が見つからなかったり、採用されたとしても1年目は賞与が少なめです。
今よりも収入が減ることを考慮し、準備することが必要です。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語