看護師のための面接の受け方~面接の流れ~

1. 到着
面接の10分前には着くようにします。
遅刻は厳禁ですが、早すぎるのも訪問マナー違反です。
公共交通機関の遅れなど、万が一遅刻をする際には、早めに電話を入れ、まずお詫びをし、どのくらい遅れるかも伝えます。
病院に到着した時点で携帯電話のスイッチを切りましょう。
2. 受付
自分の名前を名乗り、目的を告げます。
「〇時からの面接に参りました〇〇です。」
3. 控え室
案内してくれたスタッフに礼儀正しくお礼をします。
廊下で出会う人には目礼しましょう。
待つ時間も気を抜かないようにします。
雑誌を広げたり、おしゃべりをしてはいけません。
4. 入室
名前を呼ばれたら返事をしてドアがあれば2回軽くノックします。
「どうぞ」と言われてから「失礼します」と声をかけて入出します。
あらかじめ面談室に通された場合は、着席して待ち、担当者が入ってきたら立ち上がって迎え挨拶をします。
5. あいさつ
あいさつは、立ったまま背筋を伸ばしてお辞儀。
名前を述べて、「お忙しいところ、面接の時間をとっていただきありがとうございます。
よろしくお願いします。」などと挨拶をします。
書類があれば、「書類を持ってまいりました」と、両手で手渡しをします。
6. 着席
「おかけください」と言われてから着席します。
深すぎたり、浅すぎたりすると姿勢が安定しませんし、格好悪く見えます。
正しく座り、鞄やバッグは膝の上か、足元に起きます。
7. 面接
姿勢をただし、相手の話を真剣に聞きます。
視線が宙を泳がないよう、相手の顔を見て話をしましょう。
8. 退出
終わったー!時を抜かず、落ち着いて立ち上がり、
「本日はありがとうございました、よろしくお願いします」と挨拶し、深く一礼します。
病院から出る際も、すれ違う職員には目礼しましょう。
受付の前を通る時にも、挨拶をして帰ります。

看護師のための面接の受け方~自己PR~

新卒の場合とは異なり、中途採用の面接では「見込み」を問う質問よりも、
今までの業務の中身や技能レベル、努力の結末など「事実や実績」について問われることのほうが多くあります。
さらに、職場に馴染めるか、労働条件は折り合うかなども重要です。
看護師の転職は、一般的な企業の転職に比べると引く手あまたで容易とは言われていますが、
いくら実力者であっても雇う側の条件に合わなければ採用されませんし、実践力として活躍できる人が望まれます。

また、どのように仕事をしていきたいのか?と言う問いがされたら、
今までのこのような経験やこのような技術をベースにして貢献したい・・・
と言うような、戦力にんれる内容を伝える返答をしたいですね。

ライバルの存在にも留意しなければなりません。
求人広告の応募条件が詳細であればあるほど、同じようなレベルの人が集まってきます。
ライバルに差をつける自分のセールスポイントを見つけて、面接時にはトーク出来るようにしたいですね。

面接は自己アピールの場ともいえますが、
採用側のニーズに合わない内容をアピールしても採用には繋がりにくいです。

また、たとえば、「私はとても辛抱強いです。面倒見が良いです。」などと
ストレートにアピールしても採用には結びつきません。
性格をアピールするのではなく、エピソードを交えた自己PRが必要です。
エピソードから性格面や長所が読みとれるような自己PRを面接までに作っておきたいですね。

看護師の転職では、「何が出来るか?」が問題になります。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語