看護師のための面接での服装

看護師は他の職種に比べると採用率が高く、面接もそれほど厳しいものではないと思います。
ですが、やはり面接は大切です。
悪良い印象を与えず面接をクリアするためには、面接のツボ、つまり、面接の基本を抑えることが必要です。

まず服装ですが、外見の印象やマナーの有無が評価を左右します。
自分の好みではなく、周囲の意見を尊重して決定することが大切です。

新卒の就職活動であれば、リクルートスーツをきちんと着ればクリアです。

ですが、転職の場合は、柔軟です。
面接に相応しいと判断できるものであれば大丈夫です。
とは言っても、相応しいと判断するのは自分ではなく、面接担当者ですから、ベーシックなスーツが基本でしょう。
看護師と言う職種柄、特に清潔で自然な感じを心がけると良いですね。

靴はパンプスに。
ミュールやサンダル、ヒールの高いものはNGです。

化粧は、ナチュラルメイクを心がけること。
派手な口紅、派手なアクセサリーは厳禁です。

髪の毛も長い髪の毛は束ねてすっきり清潔を心がけます。
看護師と言う職業柄、派手な色のカラーリングは避けてください。

爪は手入れをし、マニキュアはしません。
ネイルなどがしたままになっている爪は不採用決定です。

このような服装、ヘアスタイル、髪の毛などで面接に挑みますが、看護師としてふさわしい印象を与えることができるのは、
「清潔感があること」
「健康的であること」
「知的であること」
「誠実であること」
などです。

看護師さんが面接を受けるときのマナー

看護師として転職をする場合、やはり社会経験がある分、チェックは厳しく、問題点があればマイナスになります。
当然、一般常識やマナーに習熟していることが必要です。
特に看護師と言う仕事は人と接する仕事です。
敬語は勿論、面接会場での基本動作や会話などにも気をつけましょう。
面接の場となる室内だけでなく、病院の周辺でも採用関係者が見ているかもしれません。
日頃の立ち振る舞いが看護の現場にも現れますから、チェックされていることを前提に行動しましょう。

マイナスとなるのは質疑応答中のオーバーアクション。
相手を指差したり腕時計を見たり、携帯電話が途中でなったりするのもNG.
落ち着いた態度で、臨むことが大切です。
緊張すると、自分の膝を撫で回すクセや、手を揉む、髪の毛をかきあげるなどのクセがでてしまう人も気をつけましょう。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語