看護師の転職理由

キャリアアップのために転職したい、退職したい!と考えている看護師さんも勿論いると思いますが、
最近の日本における看護師の転職理由と転職する時期は「人間関係」が最も多いのだそうです。

ですが、「人間関係がうまくいかない」と言う理由で退職をするよりも、
「キャリアアップのために退職し、転職したい」という前向きな精神の持ち主のほうが、再就職には有利なはずです。
そして、たとえ人間関係が原因で退職をするとしても、再就職先ではキャリアアップに向けてがんばっていきたいですから、良い転職をしたいですね。
そのための転職には慎重な準備が必要です。

自分の目標通りの転職をするためには、求人情報収集や、再就職先の病院選び、履歴書や職務経歴書の書き方、
面接の質疑応答に際した注意なども必要です。
良い転職をするには、「テクニック」が必要な昨今なのです。

看護師の転職する時期

看護師の求人は引く手あまたな状況にあります。
ですが、「キャリアアップしたい」、「より看護師として成長したい」ですし、
例え退職の理由が人間関係や激務が原因であったとしても、時期を選ぶことが大切ですし、
長いスパンで自分のキャリアや職業人生を考えていくことが重要です。

転職をしたい理由として、「人間関係」や「激務」が多い看護師の仕事。
それでなくてもストレスの多い職業でもありますから、「もうやめたい!」「すぐにでもやめたい!」
と感情的になってしまう事もあるかもしれません。

ですが、場当たり的に動くのは危険です。
引く手あまたな求人数だとはしても、求人側の病院の選考期間が長引いたり、
今の状況以上に激務で給料も低いというようなことがあるかもしれません。
転職を考えるのであれば、今以上に良い条件で、今よりもさらに学ぶことが出来る職場を選びたいですから、
時期を選ぶことが必要で、退職・転職活動全体の流れを把握し、プランニングをすることからはじめていくことが大切です。

退職・転職を考える時には、まず、転職のプランニングをしていきます。
自分の転職目的、新たな職場で希望する内容、セールスポイントの整理をし、
退職に必要な期間を考慮して手順を決めていきましょう。

看護師の求人は溢れていますが、応募条件や自分の経験・スキルを照らし合わせると、その職場の難易度が見えてきます。
そして、全体の流れや期間の目安をつけたら
「まず今勤務している病院を辞めて求職活動に専念するか」
あるいは
「今勤務している病院で働きながら転職活動をするか」
のどちらかを判断します。
まず退職して、求職活動に専念するのであれば、再就職先の病院に勤めて、
初回の給料日を迎えるまでの経済面の準備が必要ですし、
働きながら転職活動をするのであれば、有給休暇をとりやすい配慮をして面接にいくことができるような環境づくりが必要です。

まず退職?まず転職活動?

転職を考える時、「まず退職」してから求職するか、
「在職しながら転職活動」をするのかどちらかになると思います。

まず退職!のメリット
先に辞めて求職活動をする場合のメリットは、面接などの求職活動をするときに、退職していれば時間が自由に使えるということです。
また、新たな転職先で発揮したいスキルを身につけるための資格を取得したり、技能を身につける時間も持てます。
看護師と言う仕事での転職では、新たなスキルは不要かもしれません。
ですが、最近は日本にも外国人の方がたくさん入国しています。
英語は勿論、中国語や韓国語などが出来る看護師はとても貴重な存在になります。
そのため、語学を勉強し、転職する看護師も増えています。

働きながら求職するのは、面接などの活動に制限がされますし、看護師と言う激務をこなしながら語学などを勉強するのは大変です。
数ヶ月は無収入であっても生活ができる経済力があり、自分が就職したい病院の募集が常にあると言う人は、
思いきって退職をしてから転職活動をするのも良いかもしれません。
在職しながら転職活動のメリット
在職しながら転職活動をするメリットには、収入がたたれることなく仕事を探すことができるという点です。
ですが、病院の寮に済んでいる場合などは、退職すればその寮もでなければいけないので、住むところもなくなってしまいます。
預金がたくさんあるのであれば問題ないかもしれませんが、そうでない場合は、働きながら転職活動をすることがおススメです。

とは言っても、在職しながらの転職活動は、とてもたいへんです。
計画をきちんと立てて、活動をすることが大切です。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語