就労条件が就職前の提示と異なるため退職する際の失業保険

就職したけれど、就労条件にウソがあったので退社したいと言うような事もあります。
この場合、6ヶ月以上働けば失業保険が給付されるのでしょうか。

退職の理由によって、失業保険(基本手当)の条件は様々です。
一般の離職者は、離職前2年間に12ヶ月以上の雇用保険加入が必要です。

ですが、一般の離職者以外、つまり、倒産や解雇等によって退職した人「特定受給資格者」や、 期間の定めのある労働契約が更新されなかったため離職した人・正当な理由のある自己都合退職者「特定理由離職者」の場合は、 離職前1年間に6ヶ月以上の雇用保険加入があれば失業保険を貰うことができます。

つまり、就職してから就労条件にウソがあったという理由で退職する場合、 6ヶ月以上働いていれば失業保険を貰うことができそうです。
ただ、「就労条件にウソがあった」と言うことが、 特定受給資格者や特定理由離職者の要件に当てはまれば・・・の話です。

採用時に明示された条件と実際の労働条件が著しく違うなど、 離職の理由がそのことによるものであると公共職業安定所が認めれば基本手当がもらえます。
ですが、特定受給資格者や特定理由離職者と認められなければ、 一般の離職者の扱いとなります。
つまり、12ヶ月未満の雇用保険加入になるため、基本手当(失業保険)を貰うことはできません。

ですが、特定受給資格者や特定理由離職者の要件に当てはまらないと言うことで、 基本手当が受けられなかった場合であっても、 次の就職先の退職時期が前の病院の退職日の翌日から一年以内のときは、 被保険者期間を通算することができるので、 退職の際に病院から受け取った離職票は保管しておかなければなりません。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語