退職する看護師さんが知っておきたい年金を請求できる年齢

年金を請求できる年齢は生年月日で異なります。

老齢基礎年金(国民年金)は、老齢年金を請求できる年齢である65歳からを受けることができます。
また、厚生年金や共済年金に加入した人は、老齢厚生年金や退職共済年金を上乗せ給付としてもらうことができます。

ですが、昭和36年4月1日以前生まれ(女性の場合は昭和41年4月1日以前生まれ)で、
厚生年金の加入期間が1年以上ある人は、
60歳代前半にも厚生年金から年金を受け取ることができます。
受けることができる年金は、生年月日に応じて異なります。

共済年金は男女の支給開始年齢の差はありませんし、女性も男性も同じ支給開始年齢になります。

60歳代前半で、老齢厚生年金を貰うと損をすると言うことが言われたりしますが、
例えば、昭和24年4月2日から昭和28年4月1日に生まれた男性の場合は、
60歳から部分年金(報酬比例部分のみの年金)を受け取ることができます。
つまり、この男性は60歳で請求手続きをするということになり、60歳で請求手続きをしても損にはなりません。

ですが、請求手続きをしても、①雇用保険から失業給付を受ける、②厚生年金に加入中の時には、
年金の一部、或いは全部の支払がストップします。

①雇用保険から失業給付を受けるとき
60歳代前半の老齢厚生年金を受けることができる人が、
雇用保険の失業給付である基本手当を受けると、その間の年金は全額ストップします。
年金と失業給付のどちらを貰うほうが良いかは、自分で計算をして検討することになります。
一般的に、60歳から受け取ることができる報酬比例部分の年金(部分年金)のみと言う年代の人は、基本手当のほうが多い人が多いようです。
②厚生年金に加入中のとき
厚生年金に加入している間は、年金の一部、或いは全部がストップします。
この仕組みを「在職老齢年金」と言います。

国民年金のみ加入の場合は原則65歳から

原則として、国民年金の身に加入している人は、
受給資格期間を満たしていれば65歳の誕生日を迎えてから老齢基礎年金を請求することになります。

65歳になったからといって、待っているだけでは老齢基礎年金を受けることはできません。
65歳から死亡するまで支給されますが、手続き「裁定請求」をしてはじめて受給することができます。

そして、希望すれば、60歳から64歳の希望する時期から繰り上げて受給する事もできます。
60歳で定年した場合、5年間は無収入の状態になることから、とてもありがたい仕組みであるといえます。

ただ、老齢基礎年金を繰り上げてもらうと、請求した時の年齢に応じて年金が減額されます。

具体的には、65歳で貰える老齢基礎年金の額を100%とすると、その70%の年金を60歳から受けることになります。
そして、繰上げ受給をするとデメリットがあります。

一方、繰上げ受給とは逆に、66歳以降に老齢基礎年金を繰り下げて請求することで、
増額した年金を受給することもできます。

寿命の問題もあるので、何歳で貰い始めるのが有利かは一概に言うことは出来ません。
ですが、一般的に77歳より長生きできれば、60歳で貰い始めるよりも、65歳で貰い始めたほうが有利です。

国民年金のみの加入で繰上げ受給をしたときのデメリット
年金額が減額され、減額率は生涯変わらない。
請求後に障害の状態になっても障害年金が請求でいない。
遺族厚生年金(共済年金)を受ける権利ができても65歳になるまでは一緒にはもらえない。
国民年金の寡婦年金は受けられなくなる。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語