年金と失業給付(雇用保険)のどちらがお得か

65歳未満で雇用保険の失業給付(基本手当)を受ける間、
公共職業安定所に求職の手続きをし、手続きをした日の翌月から年金は全額ストップします。
年金と失業給付の両方は貰うことができません。
ですから、どちらの額が多いのかを知っておき、得なほうを貰うようにすると良いでしょう。

年金と失業給付(雇用保険)のどちらの額が多いのかは、
60歳から貰うことができる年金額を調べることが必要です。
年金見込み額の試算依は、頼現在50歳以上の人であれば年金事務所ですることができます。

雇用保険の失業給付(基本手当)は、失業している日一日について支給されます。
そして、一日あたりの額は退職前6ヶ月間の給料を元に決定されます。

一般的に60歳から受け取ることができる報酬比例部分の年金(部分年金)のみと言う年代であれば、
報酬比例部分の年金と雇用保険の基本手当を比較すると、
基本手当のほうが多い人が多いようです。

また、老齢厚生年金は雑所得として税金がかかりますが、基本手当は非課税のため税金はかかりません。
この点についても合わせて検討してみてください。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語