看護師の面接での確認質問の切り出し方

実際に採用されてから、求人広告に書いてあった内容とまったく違う、
面接の時にもそんな話は聞いていない!
なんていうことにならないようにするために、最低限、採用される前に聞いておきたいことは様々あると思います。
面接の最後に「何か質問はありますか?」
と問われる事もあるので、これだけは聞いておかなくては!
と思うことがあれば、事前に質問内容を準備しておきましょう。

確認したい質問内容は、切り出し方によっては、マイナス印象を与えてしまうので注意が必要です。
逆に、うまく切り出せばないナスの印象にはなりません。
自然のやり取りの中で聞くようにしてみてください。

そして、「最後に質問はありますか?」の問いに、何か聞かなくては・・・とあせってしまい、
重要ではない話をむしかえしたり、仕事内容を聞く人もいますが、それは禁物です。

最後の発言は応募者の印象を決定づけますから注意してくださいね。

最後に聞くべきことは、選考結果の連絡についてなどです。
それについて既に聞いている場合には、「お礼」を述べることで十分です。

切り出し方のNG例
面接がはじまったとたんに、次から次へと自分から質問をする。
残業はあるのか?など本音をズバリ聞く。
勝手に、希望診療科を言う。
経営は大丈夫ですか?など、不信感を聞く。
切り出し方のおススメ例
給与や勤務時間、休日など労働契約の重要事項については病院から一通り説明があります。
その話を聞いた上で、質問することがあれば訪ねます。

残業する意欲はある、むしろ残業をしたいけれど、「残業はありますか?」と聞くのはダメ。
「皆さんはどのくらい残業をしていますか?」と聞く。

希望する診療科や配属先があったとしても、それをズバリ言ってはいけません。
キャリアアップの転職の場合で(例えば、助産師の資格をとりたいなど)
どうしても希望する診療科があれば、
納得のいく理由を話し、調整していただけると嬉しいという旨を伝えます。

有給休暇はとれるのか?と言う質問も、ストレートに聞くのはよくありません。
「前の病院では、有給休暇をとるのが難しい状況だったので、休暇をとることに関してはルールを作っていました。
貴院では、休暇をとるときのルールなどはありますか?」と言うような感じで切り出します。

給料に対しての質問

応募者の希望給与額と、病院側が考えている額にギャップがないかをチェックするために
就業条件への対応や処遇に関する質問がされます。

看護師の平均年収は正看護師の場合は450万円程度だといわれています。
ですが、病院や役職などの違いによって様々です。
また、夜勤手当、残業手当、総合病院のオペ質やICUを経験している人にはプラスがあります。

そして、転職前から、どのような診療科で、どのような仕事をするのか、
今までの仕事と比べてハードさはどうなのか?など想像がつかない部分もあり、
「〇〇以上給料を下さい!」などと言うことは出来ませんし、
「〇〇円で良いですか?」といわれても正直困ります。

ですから、給料そのものの額についてではなく、
残業がないといわれていたのに実際には残業があり、
サービス残業せざるを得ないということがないかどうか確認したいものです。

とは言っても、なかなか確認しづらいことですね。

残業があるといわれれば、「みなさんは、通常、どのくらいの残業をされているのですか?」
と言う聞き方で残業時間を聞き、残業に対しての心構えとすることはできますね。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語