看護師の面接で聞かれる定番の質問

この病院を志望した動機は何ですか?
面接で必ず聞かれるであろう質問の一つですね。
「なぜ、この病院の求人応募に募集したのか?」

看護師の求人はとてもたくさんありますし、
きっと近所でも看護師を募集している病院もあると思います。
その中で、なぜ、そこの病院を選んだのか?と言うのは、採用側にとっても、とても気になることだと思います。

応答によってチェックされるのは「本気で働きたいのかどうか?」という点。
どこでもいいのでは?と思われないような説明が必要です。
他の求人病院とは異なる、その病院の魅力を示すことが必要なので、面接の前に準備しておきたい点です。

「他の病院も受けていますか?」と言う質問もされます。
応募者に内定通知を出した場合、辞退される可能性があるかどうかを探っています。
ですが、看護師の求人がいくら多いとは言っても、少しでも良い条件の病院に転職したいですし、
人手不足だからと言って100%採用される保障はありませんから、「かけもち応募」も当たり前の時代です。
ですから、「かけもち応募」の事実は隠す必要はありません。
大切なのは、「他の病院ではなく、この病院に採用されたい」と言う気持ちを明確に伝えることです。
それには、その病院に関心を持って情報を収集したことを伝えるのが一番ではないでしょうか。
なるべく面接の前に、その病院の情報を入手し、自分の病院選びが分析できればミスマッチを防ぐことが出来ます。
大きな病院であればホームページを持っていますから、
その中身を隅々までチェックすること、知人の話を聞くことなどが必要です。
ホームページ上で紹介されている職員の言葉などに惹かれたというのも良いですね。

また、「自宅に近い」と言う理由は、公式理由としてはイマイチ。
確かに、家庭の主婦であり母である人が看護師として働く場合、
その病院を選んだ最も大きな理由になるかもしれませんが、
面接担当者の考え方も様々なので、やはり、それよりもその病院ならではの魅力をチェックし、
選択した理由として述べるのが無難だと思います。

給与水準が高い、名前の知れた有名病院である・・・と言う理由も同じで、
面接担当者の考え方や応募者の説明のしかたによって受ける印象も変わってきます。

その病院に関心を持って情報収集をした結果、この病院で働きたい。
と言う理由が、志望動機として適切だと思います。
退職・転職を決めた理由は何ですか?
「前職場の退職を決めた理由は何ですか?」、
「今回、転職しようと思ったのはなぜですか?」
と言う質問も、面接の定番です。
看護師として転職する場合、病院から病院・・・と言うことになります。
看護師の職場は、多くが激務ですし、人間関係も難しいです。
ですから、そのようなことが原因で退職し、転職したいと考えた人も多いでしょう。

ですが、前職場への不満、批判を面接の場で語るのはマイナス印象になります。
面接担当者は「この人は、長く精勤できるだろうか?」ということを探ります。
退職は職業人生にとって大きな節目になります。
その節目を、自己都合でつけたのであればその理由、
前職場の都合であればその経緯、節目をどう捉えているかを知りたいというのが
面接担当者の意図です。

応募者が仕事への取り組み姿勢や、この職場に期待していることは何かを探り、
長く精勤してくれそうな人を選びたいと思うはずです。

病院と言う職場は激務なことは当然で、女性が多く人間関係も難しいことは当然です。
病院だけでなく、職場と言う場所には、どのようなところにも少なからずそのような状況はあります。

「病院の運営方針」、「上司である看護師長や医師その他スタッフへの批判や不満」、
「人間関係のトラブル」に触れるのは良くありません。
採用したとしても、似たようなことが起きる可能性は高いため、長く勤続してもらうのは難しいと判断されてしまいます。

また、職場の都合による退職であったとしても、被害者意識を前面に出すのは良くありません。
「職場の都合で退職=何らかの問題があってやめさせられた人」と言うイメージが以前はありましたが、
最近は、国内の経済的な情勢により、そのような印象に直結することは少なくなっています。

ですが、「人員削減」で退職に追い込まれた場合は、
「この応募者は人員カットの対象に選ばれたのはなぜか?」
と言う疑問を抱かされることになるため、
「扶養家族がいない人が対象だった」、「転職のしやすさから20代が退職勧告対象になった」
などの事情も退職理由に添えると良いかもしれません。

ただ、病院と言う職場で人員整理によるリストラはあまりありません。
個人病院からの転職ですと、パート看護師への転換理由に、フルタイムの看護師を削減するというところもあるようです。

このようなことから、退職理由、転職理由としては、
志望動機に繋がる前向きな目標、前職場では不可能だった仕事上の目標などにクローズアップしましょう。
例えば、キャリアアップやキャリアチェンジのための理由はいかがでしょうか?
この場合、ただ「キャリアアップがしたいから」と言うのではなく、
「認定看護師の資格を取るため」、「準看から正看護師の資格を取るため」、
「急性期病院から慢性期病院へ」、「病院から介護施設へ」、「介護施設から病院へ」
と言うキャリアチェンジも理由としてベストだと思います。
前の職場でどのような仕事を担当していましたか
「前の職場でどのような仕事を担当していましたか?」と言う質問も面接の定番質問です。

前の病院で携わっていた仕事内容から、経験や実力レベル、新しい職場での適正などを探ることが目的で質問されます。
あらかじめ職務経歴書を提出していたとしても、
「職務経歴書に書いてあるとおりです」などと応えてはいけません。
また、自分のキャリアを詳しく伝えようとすると話がダラダラと長くなってしまうこともあります。
志望内容によってアピールポイントを明確に、分りやすく、簡潔に説明するようにしましょう。

アピールポイントとは、志望先で役立つスキルや経験を、
どこで、どのように、どのくらい身につけたかと言うことになると思います。
あなたの強みはどんなことですか?
転職の際の面接で「あなたの強みはどんなことですか?」と良く聞かれます。
「これは人には負けないという得意業務は?」、「あなたの長所・短所は?」
と言う聞かれ方をしたりする事もあります。

勘違いしたくないのは、面接担当者が聞きたいのは、あなたの「強み」です。
つまり、あなたの性格ではなく、
「あなたを採用するメリットはどこにあるのか?何ができるのか?」
と言うことです。
ですから、面接で自己PRを求められて自分の性格を長々と語ってしまうのはNGです。

面接には、同じくらいのレベルの人が集まってきます。
看護師の転職は容易といわれてはいますが、たくさん集まれば、やはりその中から選ぶことになります。

言わんとする内容に、他の人との大差はないとしても、
相手を納得させるだけの具体性のある表現を工夫して述べることが大切です。

さて、あなたの強みは何ですか?と言う質問に対する返答例としては、
「私は、このような性格なので、看護師の仕事の中でもこのような仕事では力を人より発揮できると思っております。 前の職場でも、この分野の仕事では、活躍していました」
というような具体例を述べてることです。

また、「今まで業務目標や課題は必ず達成してきたことが私の強みです」と言うのも良いでしょう。
困難な仕事でも、工夫をしたりすることが得意で、やり遂げていくことができるという力をアピールできます。

具体性のある表現をすることで、強くアピールできますね。

看護師の面接での意欲アピールの仕方

看護師として転職する際、今までの自分の経験や技能がどれだけ生かせるかが問題になります。
ですから、「採用されたら死ぬ気でがんばります!」と言うような精神論ではなく、
今まで体験した経験や身につけた技能をどのように生かすことができるのか?
と言うことをうまく説明することが重要になるでしょう。

また、看護師としての教育を過度に求めるのも良くありません。
確かに勉強させていただく部分も多いのですが、受身ではなく、自主的に学ぶ姿勢も重要です。

さらに、今まで担当したことがない診療科への配属になる事もあります。
例えば今までは、個人病院の内科でしか勤務をしたことがない場合、
大病院の外科での勤務となれば、仕事内容も大きく変わってくると思います。
そのような配属のされ方であっても、
「私は外科系は無理です!」と言う態度は不採用決定です。

「似た様な仕事をしてきたから、どの科に配属されても大丈夫!」
と言う業務に対する認識の甘さを感じさせるような発言もNGです。

前職と応募先の職務内容が違うことを理解した上で、
どのような理由で、どこに魅力を感じて応募したのかを説明することが必要です。

また、熱意がある人は要注意な部分「熱く語りすぎてしまうこと」にも注意をしないといけないですね。
深い興味や強い関心があったとしても、自分の思い入れを必死に面接担当者に伝えようとすると
話がダラダラと長くなってしまいがちなので、
どれかだけ簡潔に伝えることかができるかと言うトークスキルも必要です。

看護師の面接で弱みを突いてくる質問に対して

面接の時に、自分の欠点や弱点に切り込んでくるツッコミ質問をされることがあります。
面接の際に、いちいちキレていたのでは話になりません。
その突っ込み質問に関しても、面接担当者が「この応募者は長く勤められるだろうか?」
と言うことを探りながら聞いているので、冷静に対応しなければなりません。

例えば、「転職回数が多い」、「ブランクが長い」など不利な条件があるとドキドキしてしまいます。
ですが、もともと看護師の職場は転職が容易だといわれていますし、面接のその場で内定が決まる事も。
「この人はダメ!」と言う結論が面接担当者の中で出ているのであれば書類選考で落とされますし、
書類変更がない場合は、最初からダメな人の面談に何分も使うことはしませんから、余分な質問はされないはずです。
ハンディがある人は、あらかじめカバートークを準備をしておき、冷静に対処していきましょう。

自宅が遠い
通勤可能であることを述べても、病院が負担する「通勤交通費」の額でNGになる事もあります。
通勤交通費の額はクリアしていたとしても、やはり遠い場合は、ハンディになる事も。
前職での「無遅刻無欠勤」を挙げてカバートークしてみてください。
結婚適齢期の未婚者
最近は、結婚する年齢が高くなっています。
ですが、若くても結婚する人もいます。
「未婚者」、「子供なし」は、ハンディになる事も。
結婚や出産に伴う退職、長期休暇取得、通勤条件の変化、残業への対応の変化など、就業態勢への懸念を抱かれることがあります。
転職回数が多い
転職回数が多ければ当然ハンディになります。
転職が不本意な転職であったこと、派遣で働いていたけれど正雇用でより長く勤続できる病院に勤めたいと思い転職したことなどを伝えます。
自己都合による退職は、大きなハンディとなるので、少なくとも3年以上は一つの病院で働くようにすることがおススメです。
ブランクが長い
看護師の場合、ブランクがあっても是非働いて欲しい!と言う病院は多く、雇用も多くあります。
ですが、ブランクの理由については、長ければ聞かれるでしょう。
結婚、出産、育児、介護など適切な理由がある人はそれを伝えることと、
今後は子育てをしながらでも長く働くことが出来る環境にあることを伝えることが大切です。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語