失業給付中に病気やケガをした場合

失業給付を貰っている間に病気をしたりケガをする事もあるでしょう。
そのような場合ですが、求職の申し込み後に病気やケガをしても、
その期間が14日以内の場合は、失業認定を受けることができますし、
基本手当の給付も問題なく受けられます。
公共職業安定所に相談してください。

病気やケガで求職する期間が15日を超える場合では、基本手当をもらうことはできません。
ですが、傷病手当を受けることができます。

傷病手当の額は、基本手当と同じ金額です。
給付残日数から、傷病手当をもらった日数は差引かれます。

待期期間中の人や給付制限期間中の人については基本手当と同じで、支給されません。

病気やケガが30日以上の場合

病気やケガが30日以上になる場合は、傷病手当の申請を行わずに、受給期間の延長申請を行う事もできます。
つまり、病気やケガが30日以上に及ぶ場合は、
傷病手当の申請を行うか、受給期間の延長申請を行うか選択することができます。

健康保険から「傷病手当金」を受けたり、労災保険から「休業補償給付」等を受ける場合は、
傷病手当と二重に受給することはできません。

また、受給期間の延長を行った場合であっても、
その後に傷病手当の申請を行うことで傷病手当の支給を受けることができます。
ですがこの場合には、受給期間の延長が当初からなかったものとされますから
原則1年を越える部分の失業給付(傷病手当を含む)は貰うことができません。

傷病手当の申請方法

傷病手当の申請をするときには決まりがあります。

支給申請の時期
病気やケガで求職することができない期間が15日以上30日未満の場合には、
病気やケガが治った後の最初の認定日までに申請します。
病気やケガで求職することができない期間が30日以上にわたる場合には、
公共職業安定所長が定める日に傷病手当を受けることができます。
この場合は、公共職業安定所の指示を受けて申請します。
手続きの方法
本人でも良いですし、代理人でも申請できます。
書類の提出は郵送でも受け付けてもらえます。
手続きに必要なもの
  1. 雇用保険受給資格者証
  2. 傷病手当支給申請書(用紙は公共職業安定所で貰うことができますので、医師の証明を受けてください)
  3. 失業認定申告書
  4. 被保険者本人の印鑑

受給期間の延長の申請の仕方

病気やケガで求職することができない期間が30日を超える場合は、
最長で3年までの受給期間の延長を申請することができます。
病気やケガの療養が30日以上に及んだ時点で申請してください。

延長申請の時期
病気やケガで30日以上働くことができなくなった日の翌日から一ヶ月以内に申請します。
手続きの方法
本人または代理人の人が申請できます。
書類の提出は郵送でも可能です。
手続きに必要なもの
  1. 雇用保険受給資格者証
  2. 受給期間延長申請書
  3. 被保険者本人の印鑑

このように、失業給付受給中の病気やケガで受けられる給付は、14日以内であれば基本手当を受給。
15日以上30日未満であれば傷病手当を受給。
30日以上の場合は、傷病手当を受給・受給期間の延長申請の選択ができます。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語