高額介護合算療養費とは

医療保険と介護保険の両方のサービスを利用する世帯の自己負担が、
著しく高額になる場合の負担を軽減する仕組みを「高額介護合算療養費」と言います。

医療保険の「高額療養費」と、介護保険の「高額介護予防サービス費」の自己負担を合算し、
自己負担限度額を超えた場合、超えた額が医療保険、介護保険の自己負担額の比率に応じて、
現金で健康保険から支給されます。
この場合、介護保険から「高額医療合算介護サービス費」として支給されます。

同一世帯内に介護保険の受給者がいる場合、
毎年8月1日~翌年7月31日までの一年間に支払った医療保険の自己負担額(高額療養費を除く)、
および介護保険の自己負担額(高額介護サービス費、高額介護予防サービス費を除く)が対象になります。

ただし、保険外併用療養費の差額部分、入院時食事療養費、入院時生活療養費の自己負担額は対象になりません。

また、自己負担額の合算は医療保険ごとにされます。
つまり、同一世帯でも、国民健康保険、後期高齢者医療制度など異なる医療保険に加入している人とは合算されません。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語