看護師が病気や出産などの自己都合によって退職する時の手続き

病院を退職した場合、雇用保険の失業給付を受給できる期間は退職日の翌日から「一年」と言うのが原則です。
ですが、病気や怪我、妊娠や出産などの自己都合で退職し、すぐに働くことができない場合には、受給期間の延長制度があります。
この受給期間の延長制度の手続きをすることで、働くことが出来ない理由が解消してから失業給付を受けることができ、もとの一年に最大で「三年プラス」ができます。

病院を退職すると、今までの健康保険から、他の健康保険制度への加入が必要ですが、その健康保険にも様々な選択肢があります。
加入の条件や保険料など様々ですが、色々比較をして、トータル的に自分に最も有利なものを選択しましょう。
出産した場合は、「出産育児一時金」の請求を行いましょう。
また、加入している健康保険から出産にかかる費用を、病院に直接支払う制度もあります。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語