自己都合による退職をするときの税金の手続き

結婚などによって看護師として働いていた病院を退職する時、退職前に行っておくことがあります。
そのうちの一つが「税金」に関する手続きです。

まず、退職前に、退職金が支給されるのであれば「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出します。
そして、退職したら、退職の日から1~2ヵ月後までに住民税の納付を行います。
市区町村から前年分所得にかかる「住民税納税通知書」が届きます。

1月1日~5月末の退職の場合
勤めていた病院から、5月分まで一括徴収され、6月分以降は自分で納付(普通徴収)します。
6月1日~12月末の退職の場合
勤めていた病院の給与から一括で徴収するか、自分で納付する普通徴収かを選択することができます。

さらに、勤めていた病院から源泉徴収票を発行してもらい、退職の翌年2月16日~3月15日の間に、住所地を管轄する税務署で確定申告を行います。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語