雇用保険はさかのぼって加入できるの?

もうすぐ契約が切れるのでそれを気に退職しようと思っているが、
雇用保険に加入していないことに気付いたと言うような場合、
さかのぼって雇用保険に加入することはできるのでしょうか。

派遣労働者には、雇用保険に加入することが出来る条件があります。
それは、
「週所定労働時間が20時間以上であること」、
「反復継続して派遣就労するものであること」
というものです。

「反復継続して派遣就労する」とは、
一つの派遣会社(派遣元)に
31日以上引き続き雇用されていることが見込まれている場合と、
一つの派遣会社(派遣元)との間の雇用契約が31日未満であっても、
雇用契約の間隔が短く、その状態が31日以上続く見込みがある場合があります。

派遣看護師として働く場合、一般とは異なる独特な扱いがあります。
ですから、自分が雇用保険の被保険者であるかどうか判然としないケースも少なくありません。
派遣会社の担当者も、派遣労働者ごとの反復継続性を確認することを失念してしまうことがよくあるので、
派遣会社にまかせっきりにするのは危険です。
自ら確認をきちんとしておくことが大切です。

後になって気づいたというような場合は、
雇用保険被保険者の加入条件を満たしてれば、その時点から資格取得すべき日までさかのぼって加入することは出来ます。
さかのぼって資格取得をする場合は、派遣会社が手続きを行います。
担当者に速やかに依頼をしてください。

派遣会社が手続きを行ってくれないときには、ハローワークで相談が出来ます。
今までの出勤記録や給与明細書などの証拠になるものを持って、相談に行きましょう。

そして、雇用保険の原資となる雇用保険料は、被保険者も一部負担をします。
さかのぼって資格を取得する場合は、まとまった雇用保険料が必要になりますので、その点はご了承ください。

看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】メニュー



退職する看護師さんのための年金・税金

このページの先頭へ

落語